人気ブログランキング |

『省エネ義務化の2020年住宅』私達、千葉SW会は取り組んでいます。


by chiba-sw
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

雨の中の生コン打ち

こんにちは!長期優良住宅を建築中の清水台工務店です。


今日は暖かくなりましたね001.gif
昨日より8度も温度が上がったようでしたので過ごしやすかったです~

昨日は冷たい雨の中、基礎の立ち上がりの生コン打ちをしました。057.gif
上棟日がすでに決まっているため、雨になるのは前日に天気予報でほぼ確定したのですが・・
昨日に生コンを打たないと養生期間(生コンを打ってから型枠をはずすまでの日数)
が確保できませんでしたのでテントを張っての生コン打ちになりました
(コンクリートミキサー車の運転手さんがテントを張ってる現場を初めて見たらしいです)
なぜテントを張るかというと絶対に生コンに雨を降らせないための配慮です。
生コンに雨を当てると強度が落ちたり、分離したり、コンクリートが乾いてから粉をふいたり・・・
いいことはひとつもありません。
「すべてはお客さまのため」の気持ちを忘れずに049.gif


a0129841_1221847.jpg




a0129841_1223996.jpg




あっ、それとこちらの現場は長期優良住宅なんです

ということで、ちょっとこんなところが通常の住宅と違ってきますので紹介させていただきます。
長くお住まいになると給排水管は老朽化して取替えの必要が出てきますよね。
ですので給排水管はコンクリートにジカに埋め込みません。
写真で見ていただくとわかる様にねずみ色の塩ビパイプはコンクリートに埋め込んでしまいますが
その中にもう一本黒い色のジャバラ状の筒を通して数十年先の配管の取替えをスムーズにできるように
配慮しています。

ネズミ色のパイプはコンクリートに埋め込みます↓
a0129841_253345.jpg




黒色のジャバラをネズミ色の管の中に通してその中を水が通ります↓
a0129841_26434.jpg



工務店を選ぶ際に長期優良住宅を建築することが可能なのか聞いてみるのも、
その工務店の技術のものさしになりますよね030.gif

もちろん、千葉SW会の全工務店は長期優良住宅に対応できますのでご安心を072.gif



こちらの現場では餅まきを開催します~♪
12月19日(土) 15:00~

お近くの皆さん是非遊びに来てくださいね~


by chiba-sw | 2009-12-12 23:59 | 野田市の清水台